既婚者である人妻が出会い系サイトを使って素人男性を筆おろしした本当にあった体験談を説明します。

性欲旺盛な人妻が童貞君を筆おろしする体験談

人妻が童貞君を筆おろし

私は35歳で主婦をしているのですが
旦那という存在が居ながらも、童貞君を筆おろしするのが大好きなんです。
しかし、主婦をしている事もあって、素人の男性と出会う事は少なく
ストレスを溜め込んでいる日々を送っていました。
しかし、そんな時に救ってくれたのが「出会い系サイト」でした。
出会い系サイトで「筆おろしをしてください」という投稿を見ると
すぐに反応してしまい、すぐにメールを送ってしまってました。
そこで、この前も出会い系で知り合った大学生の童貞君と会い
筆おろしをする事があったのですが
この男性はアダルト動画やエロ本で勉強をしていたようで
実際に自分が立たされている状況に興奮してまともに息をしていませんでした。
そんな男性にきゅんとしてしまう事があるんですよね。
そして、お互い裸になって男性が興味津々そうに胸を見ていたので
「好きに揉んでいいわよ。」というと涎を垂らしそうな勢いで揉んだり舐めたりしました。
「おっぱいってこんなに柔らかいのか…」と言いながら胸を揉んでいると
次にアソコにが気になったのかジーッと見つけて、クリトリスを指先で弄り始めた。
そんな童貞君は徐々に興奮して「入れたい」と言ってきたのでOKサインを出したら
緊張している様子でそーっと挿入しました。
童貞君の初めてのセックスをこんなおばさんで経験してしまうという状況に
いつも私のアソコはビッショリに濡れてしまい、オドオドしながら腰を振っている
男性を見て私も興奮しまくりでした。
そして童貞君の要望でバックなど色々な体位をして教育をしたら
童貞君も力尽きたのか、腰の動きが遅くなりました。
「疲れた…」という男性に喝を入れる為に35年間生きてきた中で培ったテクニックで
騎乗位で責めると聞いた事もない声で喘ぎ始めて、あまりの気持ち良さに騎乗位で挿入して
数分で射精してしまった。
その瞬間「う…うぅ」と
うなだれる様な声を出して満足そうにゴムにたっぷり射精していました。
このように旦那という大切な存在がいながらも、ウブな年下の男に性教育をして
Hな事を教えてあげている快感がクセになりました。